google analyticsのgtag.jsで複数のカスタムディメンジョンをpvと同時に送る

google analyticsのgtag.jsで複数のカスタムディメンジョンをpvと同時に送る

google analyticsのトラッキングコードをga.jsからanalytics.jsへ移行した時のことは何となく覚えています。WordPressのプラグインを使うようになってからは「トラッキング用のIDを入れれば良いだけ」に慣れてあまり意識していなかったのですが、2017年秋くらいからgtag.jsに移行が始まっていたのですね。

今回、WordPressで作った会員限定サイトで「どの会員種別のユーザーのPVなのか」を調べる為に、内部的にanalyticsに会員種別を送る必要があったのですが、「gtag.jsで複数のカスタムディメンジョンをpvと同時に送る方法」に関する情報がなかなか見つからなかったので、残しておきます(gtag.jsでこんなすごいことができるようになった!は他のページを見てください)。

ちなみにWordPressの登録ユーザーか否かを送るだけであれば、Google Analytics Dashboard for WPと言うプラグインで可能です。

gtag.jsは下記’config’の時点でpvが送られるので、そのタイミングで一緒に送るぽいです。

コード

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXXX-X"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  //複数のディメンジョンを送信
  gtag('config', 'UA-XXXXXXXXX-X', {
    'custom_map': {
       'dimension1': 'member_type',
       'dimension2': 'post_category'
    },
    'member_type':   'value_hoge',
    'post_category': 'value_fuga'
  });

</script>


予め、google analyticsでカスタムディメンジョンの設定をしておくのはanalytics.jsのときと同じです。

参考

同一タグの最新記事:

同一カテゴリ(IT)の最新記事:

最近投稿された記事:

他のカテゴリの記事も読んでみる: