はじめの一歩!無料で始めるAWS その2(VPC、EC2、EBS編)

スポンサーリンク

Amazon Web Serviceの無料枠を使ってEC2,ELB,RDS,CloudFrontを使って色々頑張ってみる話の2つめ。前回、使いすぎてもメールが来る設定をして安心したところで、仮想サーバEC2の設定をしてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazon EC2とは

仮想サーバです。VPSやリアルなサーバと違うところは、処理能力をブラウザ上で変更できたり、簡単に複製できるところ。CPUやメモリがマウスでポチポチするだけで変更できます(※ポチポチすると無料枠内を外れます)。

OSはRedHat Linux、Windows Server、Amazon Linux、SuSE Linux、Ubuntu、Fedora、Debian、Cent OS、Gentoo Linux、Oracle Linux、FreeBSDなどが選べます。Red Hat Enterprise、Windows Serverなども無料枠対象内です。

前準備(地域の変更)

右上のリージョン(地域)をアジアパシフィック(東京)に変更します。

東京で起動したEC2とカルフォルニアで起動したEC2は別物となります。ログイン後、設定したはずの○○が行方不明って時は、ここが変わっている可能性があるので、ちゃんと東京にしておきます(サービスによっては東京がない場合もあります)。

vpc01

地域を東京にしてからVPCを選ぶ

VPCの設定

今回使うEC2 t2.microはVPC(仮想的なプライベートネットワーク空間)内に設置する必要があるので、まずはこれを設定します。

とは言え、VPCはデフォルトで172.31.x.xのネットワークが作られていますので、このままで良いやと言う方は、この設定は要りません。私の場合は、172.31.x.xがどうにもしっくり来ない&折角なので勉強の為にと、デフォルトのVPCは削除し、192.168.x.xのネットワークを作りました。

デフォルトのVPCを削除すると、ユーザでは復元できません。とりあえずさっさと仮想サーバを使いたい!って方はEC2の作成まで飛ばしてください。

デフォルトVPCの削除

ネットワーキング→VPCを選択します。

左のVPCを選択→アクション→VPCの削除を選択します。警告が出るけどOKとか押して綺麗さっぱりにします。
(これを書いていて思ったのですが、別に削除する必要は無く、新たにVPCを作ってEC2はそちらに入れるでも良い気がしてきました。と言うのもデフォルトVPCを消すとEC2作成時に「No default VPC found」とか言って怒られて嫌な思いをします)

2015-06-23_16h17_05

気に入らないのでデフォルトのVPCを消す。消すと戻せないよ的なメッセージが出ます。

VPCの作成

VPCを選択→VPCの作成を押します。

ネームタグ:適当に(VPCとか)
CIDRブロック:192.168.0.0/16
テナンシー:デフォルト
テナンシーはハードウェアを専有するかどうか(右側のiを押せば詳細な説明が出てきます)

vpc02

サブネットの作成

左側のサブネット→サブネットの作成
ネームタグ:適当に(VPC01-a)
VPC:先ほど作ったVPCをマウスで選ぶ
アベイラビリティゾーン:ap-northeast-1a
CIDRブロック:192.168.1.0/24
アベイラビリティゾーンはリージョン内の区分け(右側のiを押せば詳細な説明が出てきます)

vpc03

のちに設定するRDSで2つのアベイラビリティゾーンが必要となるので、もう一つ作っておきます(RDSを使わない場合は必要有りません)。

ネームタグ:適当に(VPC01-b)
VPC:先ほど作ったVPCをマウスで選ぶ
アベイラビリティゾーン:ap-northeast-1b
CIDRブロック:192.168.2.0/24

インターネットゲートウェイの作成

今のままだとインターネットに出られないので、ゲートウェイを作成します。

左側のインターネットゲートウェイ→インターネットゲートウェイの作成
ネームタグ:適当に(VPC01-gw)→作成
選択→VPCにアタッチ→VPCを選ぶ

ルートテーブルの作成

今のままだとインターネットから内側に入って来られないので、ルートテーブルを作成する。
左側のルートテーブル→既にできてる奴を選択→ルート→編集
vpc04

送信先:0.0.0.0/0
ターゲット:マウスをのせると上で作ったゲートウェイが出てくるのでそれを選択
保存

vpc05

これでEC2を起動するネットワークの箱ができました。

参考URL

EC2の作成

前準備

リージョンが東京になっていることを確認します。

インスタンスの作成

サービス→EC2

ec2_01
インスタンスの作成→クイックスタート→お好きなOS

ec2_02

ec2_03

無料期間終了後も無料のOSはいったいどれなんだろうか…

無料利用枠対象の物は、左側のチェックボックスで絞り込みができますが、無料枠が終わった1年後どうなるかが分からなかったのでAmazon Linux AMIを選びました。詳しい方教えてください。

インスタンスタイプの選択

無料利用枠の対象であるt2.microを選びます。

ec2_05

でかでかと無料対象はこれって書いてある

VPCの選択

上のVPC作成時にデフォルトVPCを削除していると、「デフォルトのVPCが見つかりません」と、でかでかとでて怖い思いをしますが、無視して、ネットワーク、サブネットを上記で作った物に設定します。今回は、
ネットワーク:192.168.0.0/16
サブネット:192.168.1.0/24

ec2_06

この赤文字を見て嫌な汗が流れた

ストレージの追加

無料枠の少し下、25GBをSSDで割り当てました。

ec2_07

無料枠は30GBまで

インスタンスのタグ付け

名前を付けておく

ec2_08

セキュリティグループ

下図ではMYSQL、HTTP、SSHはVPC内からのみ接続可にしていますが、接続テストのために、いったんSSH、HTTP、Pingの送信元は0.0.0.0(どこからでも)や、自分が使用しているグローバルIPにしました。

タイプ ポート 送信元
HTTP 80 0.0.0.0/0
SSH 22 0.0.0.0/0
MySQL 3306 192.168.0.0/16
カスタムICMP Echo Reply 0.0.0.0/0
カスタムICMP Echo Request 0.0.0.0/0
ec2_09

図では違いますが、SSHのみ外部からつながる設定にしました

インスタンス作成の確認

内容を確認して、作成を押します。

ec2_11

SSH接続キーの作成&ダウンロード

作成したEC2へ接続するためのsshキーをダウンロードします。使い方は後述。
キーペアのダウンロードを行ったら、インスタンスの作成を押します。

ec2_12

ここで「デフォルトのVPCが見つからないのでサポートに問い合わせよ」みたいなエラーが出てきたら、いったんログオフして30分後くらいに再度EC2の作成を行います(出たときは嫌な汗出た)。

インスタンス一覧で起動していること、パブリックIPが振られていることを確認して、パブリックIPをメモします。

ec2_13

SSHで接続する

上記のパブリックIPへ接続します。

Windows + PuTTYなどで接続する場合は、ダウンロードしたpemをPuTTYgenを使用し、PuTTY用のppkに変換する必要があります。

変換した秘密鍵(ppk)を使用し、「ec2-user@パブリックIP」で接続します(ユーザ名は固定)。

黒くて見慣れた画面が出たら、sudo yum -y updateでもしておきましょう。

2015-04-28_17h07_02

見慣れた黒い画面。なんだか嬉しい。

次回用にロードバランサーを使いたいので、ヘルスチェックのためのWebサーバを入れます。


sudo yum -y install httpd
sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

vi /var/www/html/check.html
hoge

curl http://パブリックIP/check.html
何か返ってくることを確認。

あとはお好みでサーバ設定を。

次はロードバランサーのELBとCDNのCloudFrontを設定します。

 

・はじめの一歩!無料で始めるAWS

  1. 登録、請求アラート、用語編
  2. EC2、EBS編
  3. ELB、CloudFront編
  4. RDS、CloudWatch、退会編

コメント

タイトルとURLをコピーしました